2015モデル Dahon Mu P9(ダホン ミュー)|なんと!ワイヤーフレーム内装化など着実に進化!

LINEで送る
Pocket

ほとんど変化がないように見えますが・・・
フレームがスムースウェルド加工されていたり
ワイヤー類がフレーム内装化されていたりと
着実に進化しています!
2015モデル Dahon Mu P9(ダホン ミュー)

モデル概要

DAHONの中核をなすモデルMu(ミュー)
2014年には8速→9速とグレードアップしましたが、
2015年モデルは、さらに進化しています。


【2014モデルDahon Mu P9(ダホン ミュー)】

2014モデル DAHON Mu P9 20インチ オブシディアンブラック
by カエレバ

見たところ「カラーリング変更のみ」かと思いますが、
なんと!フレームが進化しています!
まずは、上位機種に採用されていた溶接部を滑らかに仕上げる「スムースウェルド加工」
が中級グレードのMu(ミュー)にも採用されました!
さらに、ブレーキ、シフトのアウターケーブルをフレーム内部に通す「フレーム内装化」
が施され、見た目がスッキリしました。

ここから、ワイヤーがフレーム内部に入って

リアブレーキケーブルがこんな感じで出てきて

リアディレーラーをコントロールするワイヤーはこんな感じで出てきます。

フレーム内部を通ったワイヤーは、繰り返し折り曲げられるヒンジ部にには
コイルエキスパンダーでしっかりカバーされています。
さすが、細かいところまできちんと考えられていますね。

他のDAHON2015モデルと同じく、クランプレバーの大型化がされており
細かな所も確実に進化しています。

そして、BB裏に穴が空いています。
ここに折り畳んだ状態での移動が出来る収納式キャスターホイールを取り付け出来るようになっています。

【LANDING GEAR】というオプションパーツでこのMu P9だけでなく、
2015年モデルのMu SLX / Visc P20 / Speed Falco / Horize / Boardwalk D7
/ Curve D7 に装着可能だそうです。

2015ダホン DAHON 純正オプションパーツ ランディングギアー Landing Gear 【サイクルパーツ】
by カエレバ

2015年モデル DAHON Mu P9(ダホン ミューP9)
by カエレバ

【2015モデルDahon Mu P9(ダホン ミュー)】

2015モデルのカラーバリエーションはクラウドホワイトのみ継続で残り3色は新色になりました。
個人的には、2014モデルよりもこちらのほうが好みです。
それだけに、悩みますね・・・どれもいい色合いです。

後悔しない!大人の折りたたみ自転車ミニベロ選びでした。

LINEで送る
Pocket