WACHSEN(ヴァクセン) NEU(ノイ) BA-PR1|アルミモノコックフレームにリアサス搭載の20インチ折りたたみ

LINEで送る
Pocket

なんと!アルミ製モノコックフレームに
乗り心地をUPさせるリアサス付き!
人柱覚悟でカスタムベースにどうですか?
WACHSEN(ヴァクセン) NEU(ノイ) BA-PR1

モデル概要

WACHSEN(ヴァクセン) の20インチ折りたたみ自転車の中では最上級モデルとなるのが
このNEU(ノイ) BA-PR1になります。

一番の特徴は、アルミ製モノコックフレームを採用している点です。
※モノコック(張殻)構造:外板に応力を持たせ、強度を向上させる車のシャーシと
同じ構造の事でbd-1でもモノコックフレームを採用していますね。
あれと同じです。つまり”軽く””高剛性”というわけです。

さらに、ペダリング・ロスの少ないコンパクトなリアサスペンションを装備しており
乗り心地に関しても良く考えられています。
正直な話、bd-1のように前後サスペンションは、不要だと思います。
フロントサスペンションは、メリットよりもデメリットの方が多い気がします。
立ち漕ぎするとふらついたり、下り坂などでスピードが出ると結構怖いです。
乗り心地に関係するのは、リアのクッション性だと思います。
折りたたみ自転車の定番BROMPTON(ブロンプトン)もリアだけ
エラストマサスペンションが搭載されています。
ガチガチのアルミモノコックフレームですから、もしもリアサス無しだとしたら・・・
とんでもなく、乗り心地が悪いのが、容易に想像できます。

サスペンションの話しは、これくらいにして、
中身の確認をして行きましょう。

まず重量が13.5kgとあまり軽くありません。
ギア廻りは、フロント52Tのシングルギアでクランク長がなぜか短めの165mm
普通170mmなんですけどね。
リアは7段変速ですが、ギア構成が不明です。
いつも言っている事なんですが、
メーカーのSPECシートになぜ書いていないのか・・・

RDは、ハブ軸共締めタイプのようです。
改造する場合は、ドッペルギャンガーと同じように
後付のディレイラーハンガーが必要になってきます。

WACHSEN(ヴァクセン) 20インチアルミモノフレーム折りたたみ自転車7段変速付 NEU(ノイ) BA-PR1
by カエレバ

カスタムベースにどうかな?と思ってググってみましたが・・・
見当たりませんでしたw
人柱覚悟でどうですか?

後悔しない!大人の折りたたみ自転車ミニベロ選びでした。

LINEで送る
Pocket