Raleigh(ラレー)RSM RSW Sport Mixte (スポーツミキスト)|クロモリフレームに8段変速ギア搭載!

LINEで送る
Pocket

前回に引き続きミキストフレームのご紹介
クロモリフレームに8段変速ギア搭載!
ホイールは大径なETRTO451サイズを採用!
Raleigh(ラレー)RSM RSW Sport Mixte (スポーツミキスト)

モデル概要

Raleigh(ラレー)というと以前はアルミフレームのレーサー志向のミニベロを
販売しているメーカーというイメージしかなかったのですが、
最近は、ロードタイプもクロモリフレームにカンチブレーキ、泥除け付きと
ツーリングタイプのミニベロにシフトしているんですね。

【Raleigh】 RSP RSW Special ミニベロツーリング 2015年モデル
by カエレバ

ただでさえ乗り心地が悪いミニベロにアルミフレームは、正直キツイです。
クロモリに戻したのは、やはりそういったデメリットをなくす狙いがあるのでしょう。

話しがそれましたが、このミキストタイプのモデルもフレームはクロモリ製です。
フォークまでクロモリだったら最高なんですが、そこは、コストとの兼ね合いからか
ハイテン製ですね。まあアルミフォークにされるよりはマシですね。

ギアは外装8段変速で、フロント52T×リア11Tー34Tの超ワイドレシオスプロケを装備。
これに大径なETRTO451サイズのホイールに太めの20×1-3/8タイヤの組み合わせで
優れた安定性と乗り心地を確保する狙いが見て取れます。

では、ギア構成からどの程度使い勝手がイイのか計算してみます。
20×1-3/8タイヤの周長が1615mmとして

【重いギア】52/11*1.615=7.63m
【軽いギア】52/34*1.615=2.47m
となりました。

重いギアの高速側でケイデンス90で漕いだとしたら
7.63*90:60/1000=41.2km/hも出せますので、十分ではないでしょうか。
ミキストですから、そんなガシガシ漕ぐのは似合いませんけどね。

反対に、軽いギアは、ひと漕ぎで2.47mなので、
コチラもかなりな急坂まで対応できます。
街乗りでは、まったく不満は出ないギア構成ですね。

http://item.rakuten.co.jp/silbest2/10003570/?scid=af_pc_link_img&sc2id=291887819

おすすめポイント

フロントギアには、ダブルガードが付いているのでチェーン外れの心配もありません。
また、ダブルレッグスタンドが標準装備なのもうれしい点ですね。
片側だけのスタンドだと、あまり安定しないので、倒れる心配がありますが
ダブルレッグスタンドだと、ホント安定製が高く使い勝手が最高にイイです。
私の街乗りミニベロも、後付のダブルレッグスタンドを取り付けていますが、
一度使うと元に戻れないくらい便利です。

ジーピー(GP) アジャスタブル ダブルレッグセンタースタンドCL-KA56 ブラック KSC00900
by カエレバ

後は、フロントにカゴを付ければ完璧です。

BASIL(バジル)カゴ シンプリーウィッカー ナチュラル 014204
by カエレバ

カラーバリエーションがシックなものばかりで、明るいピンクとかオレンジとか
そういったカラーもあればさらに最高なんですけどね。

【Raleigh】 RSM RSW Sport Mixte(スポーツミキスト) 2015年モデル
by カエレバ

女性でもシックな色合いが好きな方には、おすすめです。

後悔しない!大人の折りたたみ自転車ミニベロ選びでした。

LINEで送る
Pocket