BE-ALL(ビーオール) BS-700|スポーツライドもこなせる!内装11段変速装備!

LINEで送る
Pocket

スポーツライドもこなせる!内装11段変速装備!
超ワイドレシオで激坂から高速走行まで
オールラウンドに対応可能!
BE-ALL(ビーオール) BS-700

モデル概要

前回ご紹介したBS-500よりもハイスペックな内装11段変速モデルがこのBS-700になります。

・軽量なアルミフレーム&フォークを採用
・全ての構成パーツにブラックカラーを採用
・ホイールサイズは、大径なETRTO451ホイールを採用
・前後キャリパーブレーキを装備

大まかな内容は、BS-500と同じです。

BS-500に対してどこがハイスペックなのか?

・重量は、BS-500の10kg対して軽量な9.8kg!
・変速は、BS-500の内装8段に対して3段多い11段変速!

8段変速モデルに比べてワイドギアレシオ(409%)、軽量化(1.6kg)。
(8段変速:306%、1680g)
内装11段ハブ単体(リヤギヤの部品です)が、
なんと4万円!するそうです。

では、アルフィーネ11段変速がどれだけスゴイのか、計算してみましょう。

付いているギヤは、フロント45T×リヤ18Tのシングルギヤですから
45T/18T=2.5
タイヤ周長がETRTO451の1-1/8で
1.58m

ALFINEのギヤ・レシオが
Gear Ratio 1 0.527から
Gear Ratio 11 2.153までなので

1.58m×2.5×0.527=2.08m
1.58m×2.5×2.153=8.50m

これをイメージしやすいように同じ20インチETRTO451でフロント52Tの”外装ギヤ”に当てはめてみると

X=1.58×52T/2.08m
X=39.5T!

X=1.58×52T/8.50m
X=9.6T!

つまり
”9T-40T”のリヤスプロケット
が付いているのと同じですよ!スゴイですね!
ってわかりづらいですかね?
こんなワイドレシオなスプロケは、もちろん存在しません。

軽いギヤが52T×39.5T相当ってすごい軽さですね
フロントダブルの39Tで置き換えるとフロント39×リヤ30T相当なので、
どんな激坂でも”押して歩く”ことはないでしょう。

重いギヤが52T×9.6Tなので小径車専用のカプレオハブ9Tで組まれているのと
ほぼ同じですから、よほどの”剛脚?”な方でない限り高速走行で
”回しきってしまう”ことも無いでしょう。

おすすめポイント

ギヤ比に関して”熱く”語ってしまいましたが、
こんなワイドレシオなのって、ホントにスゴイですよ!
しかもギヤチェンジが、外装ギヤ車のように”ガラガラガッシャーン”ではなく
ほぼ”無音”で出来ちゃうわけですから。

フロント、リヤともに”シングルギヤ”ですから”チェーン外れ”のトラブルも
発生しないので、ママチャリ並にメンテナンスフリーです。

ヘッド部分には、DAHONとかと同じカゴ取り付け穴があって
専用のフロントキャリア(別売り)を取り付け可能
ちょっとした買い物の時は取り付けて
スポーツライドの時は、外してという使い分けも出来ますよ!

こういうミニベロは、他に思い当たりません、オンリーワンです。
予算が許すのであれば、多少無理してでも、
内装8段変速の”BS-500”よりもコチラの11段変速の”BS-700”を
購入した方が、より満足度は、高いですよ!

BE-ALL(ビーオール)BS700内装11段変速・小径自転車
by カエレバ

後悔しない!大人の折りたたみ自転車ミニベロ選びでした。

LINEで送る
Pocket