2015モデル Birdy Standard Disc| NEWモノコックフレームは”手放し”も可能なほどに安定性が大幅にUP!

LINEで送る
Pocket

birdyのモノコックモデルが登場!
BB位置が下がったりジオメトリも見直されて
”手放し”も可能なほどに安定性が大幅にUP!
2015 birdy standard disc

モデル概要

bd-1からbirdyと名称が変更され、販売が開始された2015モデルですが
先にストレートフレームのbirdy classicが販売されましたが、
bd-1からbirdyにロゴが変更されただけだったので、モノコックフレームも
そんな感じなんだろうなと思っていたら、なんと!
新設計のフレームを投入してきました!

フレームジオメトリーを一新し、ロードレーサー的DNAを注入し、15mm下げたBB位置に よる低重心化をはじめ、各部ジオメトリーを徹底的に見直し、最適化する事で、従来のモノ コックフレームモデルと比べ、更なる走行性能を実現しました。

実際に従来のbd-1モノコック乗りの方の試乗レビュー記事などを見ると
”まるで別物!”
”手放しも可能なほど安定性が向上している!”
など、ジオメトリ変更の効果が体感できるほどらしいです。

早速、サイクルハウスしぶやさんで新型birdyモノコックフレームで
20インチ化された記事がありました。

またbd-1カスタマイズの定番だった”20インチ化”もはじめから考慮されているそうで
折りたたみも問題なく、普通に使えるようになっています!

ハイドロフォーミング工法による一体型のフロントフォークとスイングアーム。 新たに設計されたこれらのパーツがNew Birdyモノコックに高い剛性と統一感のあるフォルムをもたらします。

フロントフォークやリアスイングアームもハイドロフォーミングによる
新しいタイプのモノが採用されています。

ハンドルバーのクランプ径を25.4mmから31.8mmへ変更しました。 また、ステム部は3D 鍛造一体成形により、剛性が大幅に向上。固定部も新設計のステム・ロッキング・デザインの採用により、ホールド性もアップ。
これらのハンドル周りの剛性強化により、より安定感のあるステアリングとワンランク上の走りへと進化しています。

ハンドルクランプ径が25.4mmからロードバイクなどで主流の31.8mmへと
変更されて、ようやく現代の仕様に変更されました。
これでハンドルの選択肢が大幅に拡がりました。

新たに採用されたインターナル・ケーブル・ルーティング、傷防止プロテクター、チェーンテンショナーにより、折り畳みと組み立てがより簡単になりました。
さらに、従来より折りたたみサイズがコンパクトになりました。

折りたたみサイズも従来のモノコックモデルよりも小さくなっています。

Birdy Standard Disc 2015モデル【送料無料】【防犯登録無料】
by カエレバ

確実にレベルUPして登場したbirdyモノコックですが
価格もレベルUPしていますw
ちょっと折りたたみ自転車の価格としては高すぎな気がすry

後悔しない!大人の折りたたみミニベロ選びでした。

LINEで送る
Pocket